第二新卒の転職は簡単ではない!

面接で聞かれることはほぼ決まっている。事前対策は可能だ。

第二新卒者が面接を受けると必ず聞かれるお決まり質問内容が2つある。
それは、「前の会社についての質問」と、「今後どうしていきたいかという質問」だ。

これらの質問については必ず聞かれる事なので、面接を受ける前に回答を準備しておくだけで面接時に慌てることなく堂々と回答ができるだろう。

第二新卒の面接でお決まりの質問事項

前の会社を辞めた理由はなんですか?

前の会社を辞めた理由を聞かれるのは「うちの会社に入っても、同じように会社を辞めてしまわないか?」ということを判断をするためである。

したがって、前の会社を辞めた理由が本当は「人間関係に疲れてどこでも良いので新しい職場に転職したい」などのネガティブな理由であったとしても、それを真正直に説明するのではなく、ポジティブな言い方に変えて回答することで面接官に与える印象は大きく変わってくる。

必ず聞かれる質問事項なのであらかじめ自分なりの回答を用意しておくべきである。

悪い例:上司とそりが合わなくて・・・
良い例:より自分を高めてくれる環境に身をおきたいと考えて。

前職ではどんな仕事をしていましたか?

この質問は単純に「○○をしていました」という回答を求めているわけではない。前職までの経験やスキルがうちの会社では使い物になるのかどうかと言うことを企業側は知りたいのだ。だから、過去の仕事内容を話すときには、自分が持っているスキルや、成果についても合わせて回答するようにすると良い。

もし余裕があれば、「私は○○○ができますが、このスキルは御社に採用された場合、△△△という立場であればとても即戦力として貢献できると思います。」などの回答ができればベストであろう。

どういう仕事がしたいのですか?(志望動機)

企業は「うちに応募してきたからには、何かやりたい仕事があるに違いない」という考えでこの質問をする事が多い。

この質問に対しては、できるだけ具体的に○○がしたいと回答すべきである。
また、その企業のどこに惹かれたのかということも熱意をもって回答すると良い。

あまりに抽象的な回答を返すと、「他の会社でも同じ事言ってるんでしょ・・・」と判断されることも多いので、要注意である。

退職してからの期間に何かしていましたか?

退職してから面接を受けるまでに長い期間が空いているとこの質問をされるケースが多くなる。
専門学校に通っていた人や、資格取得の為に勉強していた人でもない限り、この質問に対してまともな答えを返せる人はいないだろう。

「新しい就職先が見つからず、転職活動が長期化している」という回答は良くない。
どこの企業からも採用されないようなヤツなのか・・と思われる可能性があるからだ。

この場合は、「自分のこれからの人生をじっくりと考えたくて、しばらくの間仕事から離れ自分と向き合う時間を作っていました。とは言うものの、日々の生活がありますからアルバイトをして生活したいました。」などのそれらしい回答を用意しておくと良い。

また、転職期間中にボランティア活動をしてみたり、セミナーなどに参加をしたりすると、空白期間にしていた事の話のネタになって良いかも知れない。

これら以外にも、以下の内容は比較的よく質問をされる事項なので、事前に回答を考えておくことをオススメする。

  • 仕事での成功経験or失敗経験は?
  • あなたが仕事において大切にしていることは?
  • 今、他に受けている会社はあるか?
  • 退職する時、引き止められたか?
  • 引き止められたのに辞めた理由は何か?