第二新卒の転職は簡単ではない!

在職中に次の仕事を見つけるのがベスト

第二新卒で転職をするのであれば、在職中に転職活動を行い、次の職場を決めてしまうことがベストである。

なぜなら、会社を辞めた後に転職活動をはじめても、すぐに転職先が見つかるという保証はないからである。

転職活動にはお金が掛る。

面接に行くための交通費だけでも馬鹿にならない。それに加えて、毎月の生活費も必要になる。おそらく入社3年以内に会社を辞めた人のほとんどは十分な貯蓄などしていないだろう。
(入社3年間はそれほど給料が良いわけでもないので当然のことだと思う。)

退職後に転職活動をはじめて、何ヶ月も次の仕事が決まらないと金銭面で生活を圧迫し、生活のためにアルバイトなどで食いつながなければならないという状況になる事もある。

金銭的に余裕がなくなってくると、早く次の仕事を決めなければ・・という焦りがでて、何でも良いから次の仕事に就きたいという気持ちも芽生え、転職を決意したときに抱いていた夢や希望とはまったく違う方向へ転職してしまうという事にもなりかねない。

時間がなくて転職活動ができない人は・・・

なかには、今の仕事を続けながらの転職活動は時間的に絶対に不可能だという人もいるが、その場合は、転職エージェント(人材紹介会社)を積極的に利用すると良い。

転職エージェントは、希望する条件を伝えておくと、あなたの変わりに条件にマッチした企業をリストアップし、気になる企業があれば面接の日程調整までしてくれる。転職活動を強力にサポートしてくれるので在職中であっても問題なく転職活動をすることができるだろう。

また、転職エージェントが交渉すれば企業は土日や夜遅くにも面接をしてくれることもあるので終業時間が遅い人や、土日勤務の人にもメリットが大きい。無料で利用できるサービスなので利用しない手はない。

今の会社での仕事がキツい、つらいという理由ですぐに辞めてしまうのも悪くはないと思うが、後先考えずに辞めてしまうと、次の仕事が見つかるまでの間に金銭的に厳しくなり普段の生活を圧迫する可能性もある。そうならないためにも、今の仕事を続けながら転職先を見つけることをオススメする。