第二新卒の転職は簡単ではない!

不況の今、どういう戦略をとればいいのか?

リーマンショック以降、日本だけでなく世界的な大不況に陥っている。この不況の影響で転職したくてもなかなか就職先が見つからないという人が増えている。

一番の理由は、企業が儲からないから採用ができないということである。

しかし、不況だからこそ伸びている会社もたくさんあることに注目してもらいたい。

特に有名なのはユニクロをはじめとする、安くて高品質を売りにした企業だ。このような企業は不況にめっぽう強い。不況の時に過去最大の売上と利益を叩きだしている企業だ。

忙しいから当然人の採用も積極的に行っているので、このような不況にも強い企業を探すというのも良い視点だとおもう。

また、転職がむずかしいのは何もあなたに限ったことではない。自分ではどうすることもできない外的要因の影響でこのような状況になっているのだから、周囲の人間も同じように苦戦している。

ということは、今はひたすら自分自身を磨く時期だと考えるのも良い手だと思う。
例えばこの時期に何か新しいスキルを身につけておく、資格を取得しておくなど自分自身を延ばす期間だととらえるわけだ。

こうすることで、この不況を乗り越え再び好景気になったときにはライバルに差を付けることになるので絶対的有利な状況で転職戦線に乗り出せるというわけだ。

景気が良くなるまで指をくわえて待っていろと言ってるわけではない。当サイトでもオススメしているように、転職エージェントを活用した活動は是非ともやっていただきたいのだが、それでもなかなかうまくいかないようであれば、それは今の状況ではエージェントの能力が低いわけではなく世の中の不況が原因だと考えて欲しいのだ。そして、この状況はあなた以外の第二新卒者すべてに当てはまるいうことも意識して欲しい。