第二新卒の転職は簡単ではない!

転職先を探す

当たり前のことだが第二新卒として企業に採用されるには第二新卒者を募集している企業を探さなければならない。

しかし、第二新卒を募集している企業の中であなたを採用してくれる企業はほんとうに僅かだと思っていてください。なおかつ、その中であなたが希望する条件にマッチした企業を探すことはさらに難しい。

ここではどうやってあなたを採用してくれる企業を探せば良いのかを紹介していこうと思う。正しい企業の探し方で、少しでも早く転職先を見つけてほしい。

第二新卒市場

第二新卒の転職市場は年々活性化してきている。しかし、市場が活性化してきているからといって第二新卒者の誰もが簡単に採用されるわけではない。

むしろ、選ばれた人しか転職先が見つからないという厳しい状況なってきている。今の第二新卒の市場がどうなっているのか?企業はどんな考えで第二新卒を採用しようとしているのかを知ることから始めてよう。

第二新卒に有利な業界

転職支援会社の人間には常識になっているのだが「第二新卒が採用されやすい業界」がある。それは、「サービス業界」「人材業界」「IT業界」の3つだ。

転職活動で苦戦している人は、これらの業界への転職を検討してみるのも良い選択肢だ。

転職先の探し方

転職先企業の探し方を間違えていると、どれだけ時間をかけても、希望条件にマッチする企業を見つけることはむずかしい。第二新卒の転職先探しの基本は、ハローワーク、転職サイト、転職エージェントの3つを徹底的に利用することだ。特に転職サイトと転職エージェントの積極的な利用が成功のカギとなる。

派遣・契約社員という働き方

正社員だけ固執する必要はないのかも知れない。自分のやりたい仕事、望む条件を妥協して無理に正社員として働き始めても、またすぐに会社を辞めてしまうとあなたのキャリアにキズが付くことになる。

正社員以外にも契約社員、派遣社員として働くという選択肢もある。労働条件、仕事内容も正社員よりも優遇されているケースも見受けられる。派遣社員、契約社員という働き方を考えてみるのも良いだろう。

働きながら転職活動

転職するぞ!と心に決めて転職活動をはじめても、すぐに転職先が決まる保障はどこにもない。何ヶ月も次の就職先が見つからない状況が続けば収入が無い状態での生活が長引くことになる。生活のためにアルバイトなどで食いつながなくてはならない場合もあるだろう。

このような状況にならないためにも、できれば転職活動は在職中から始めるべきである。今の仕事を続けながらでは時間的に厳しい人は、転職エージェントを積極的に利用すると良いだろう。

不況で就職先が見つからない

不況の今、転職活動を頑張ってやっていても中々就職先が見つからないという人が多い。この状況下で私たちはどのような戦略をとればよいのだろうか?

不況にも強い企業を探すという切り口と、来るべき好景気に向けてスキルアップを目指すという切り口の2つから紹介してみようと思う。