第二新卒の転職は簡単ではない!

「第二新卒」とは?第二新卒の正しい定義

第二新卒とは「学校の種類を問わず、学校を卒業してはじめて就職した人で、就職後1年から3年未満で退職して転職しようとしている人たち」のことを言う。

新卒採用された30~40%の人が3年未満で辞めてしまうという社会状況から「第二新卒」という言葉が生まれ、今や転職市場においては一つのカテゴリとして扱われるほど多くの人が第二新卒者として転職活動をしている。

しかし、実際には多くの人が「第二新卒」という定義に当てはまるか理解していないことが多いようだ。

第二新卒の定義を間違えて理解している(自分が第二新卒であると思いこんでいる)と、就職・転職活動をするときに応募する求人情報の条件が最初から間違っており、応募条件のミスマッチにより採用されるはずのない企業に応募するという無駄な就職・転職活動をすることになってしまう。

重要なことなのでもう一度繰り返す。
第二新卒とは「第2新卒とは、学校の種類を問わず、学校を卒業してはじめて就職した人で、就職後1年から3年未満で退職して転職しようとしている人たち」のことを言う。

つまり、学校を卒業後、正社員、派遣社員、契約社員として社会人経験があり、3年未満で会社を辞めてしまった人が第二新卒というカテゴリに分類される。

だから、以下の人たちは第二新卒のカテゴリには属さないことになる。

  • 大学卒業後に留学をし、その後、日本の企業に就職しようとしている人
  • 3月ではなく9月に大学を卒業した人
  • 大学卒業後、数ヶ月~数年間は企業などに所属していない人
  • 社会人として3年以上働いている人

これらの人は「新卒」や「フリーター」というカテゴリになり、第二新卒者を希望する企業の募集条件に当てはまらない可能性があるので注意してもらいたい。

Copyright © 2008-2013 第二新卒・第2新卒の転職・就職ガイド All Rights Reserved.