第二新卒の転職は簡単ではない!

年収アップは可能。しかし、年収アップだけを目的にすると痛い目に遭う。

第二新卒の場合、転職先の企業の選び方次第で年収アップする可能性は大いにある。

業界によって新卒の初任給には大きな差があり、第二新卒のような若い人材の場合、基本的には新卒の初任給が高い業界へ転職すれば簡単に年収アップすることができる

企業にもよるが、一般的に介護福祉業界やサービス業界などは給料が低く、IT業界やコンサル業界、証券業界やなどは給料が高い。

また、企業の中には第二新卒という社会経験が少ない人材であっても、過去数年間のキャリアや経験を高く評価してくれるところがあるのも事実である。このような企業の場合は採用時に高い年収を提示してくれる。

しかし、初めから年収アップだけを目的にした転職活動をするのは控えたほうが良い。

第二新卒という立場は、転職市場において決して強い立場ではないからである。
「自分は前の会社を3年間勤められなかった」というネガティブな印象をもたれているという自覚をもって転職活動に臨むべきである。

あまりに年収アップだけを強く希望しすぎると

  • 「3年も仕事をしていないのに生意気だ」
  • 「本当におまえにはそれだけの能力があるのか?」
  • 「ずうずうしくてうちの会社に溶け込められないのではないか?」

などの厳しい評価をされてしまう可能性もある。

自分の能力をアピールすることは大事なことだが、第二新卒は「まだまだ若くこれから成長していく世代」と考えられているということを忘れてはいけない。

謙虚になりすぎる必要はないが、自分の能力を過剰に評価していると思われてしまうようではいつまで経っても採用にたどり着けないであろう。

まずは内定をもらうことを最優先し、年収等は条件面の交渉は最後にした方が良いだろう。