第二新卒の転職は簡単ではない!

今の会社で働き続けることは本当にダメなのか?

「長時間の労働」「仕事におけるストレス」「職場での人間関係」「割に合わない給料」など、転職を考えているそれぞれの人には会社を辞めたい理由があることだろう。

しかし、会社を辞める前にもう少し考えてみて欲しい。
「今の会社では本当に3年以上働けないか?」

現実的な問題として、転職市場において大半の企業は「3年以上の社会人経験がある方」という条件で求人を出している。

また、入社3年未満で辞めてしまうと、キャリアがほとんどないという状態で転職活動をしなければならないことになる。キャリアがリセットされる可能性もある。

仕事をする上でのストレスは誰でも感じる事であり、大変なのはあなただけではない。

今ここで会社を辞めてしまい、キャリアをリセットしたり、転職活動に苦戦をするか、3年以上働いた上で、改めて転職活動をするのとでは全く状況が変わってくる。

やはり、3年以上同じ会社で働いたほうが転職市場では高い評価を得られるからだ。それに求人募集数も大きく違ってくるからである。

「苦しいから仕事を変える」ということが必ずしも正しいというわけでは無いと思う。このことを頭に置いた上で第二新卒として転職をするかどうかを判断してほしい。真剣に考えた結果、第二新卒として転職するのであれば、その前向きな理由があれば必ず良い結果が得られるだろう。

第二新卒を応援している立場だからこそ、これを読んでいるあなたには真剣に自分の人生を考えて欲しいのだ。