第二新卒の転職は簡単ではない!

企業が「第二新卒」についてどう考えているのか?

企業の第二新卒に対する考え方や、第二新卒に対して求めているものを理解することは、転職成功の大きなカギとなる重要なことだ。

3年未満で退社している事はどう評価されるのか?

第二新卒の転職で一番不安に感じることが「3年未満の退社は企業からどう評価をされるか?」ということではないだろうか。

ハッキリ言ってしまうと、第二新卒に対して「3年間も勤められなかった人」というネガティブな印象を持たれていることが多い。特に年配の採用担当者はこのような考え方を持っている人が多い。

だからといって第二新卒が全てダメかというとそういう訳ではない。大切なのは「なぜ辞めたか?」という理由と「新しい会社で何をしたいのか?」という考えである。

確かに3年も同じ会社で働くことができなかったという事実は否定できないかと思うが、3年以内に退職したのには現状に満足できず、新しい環境を求める理由があるからだろう。

時間、お金、職種、キャリア、経験、夢、希望・・・。何を手に入れたいのか?という明確な目的と、どれだけがんばれるのかという熱意をアピールすることが非常に重要であると言うことを覚えておいて欲しい。

また、企業は第二新卒者を採用するにあたり「うちの会社も3年未満で辞めてしまうのでは・・・」と不安を感じる事がある。(事実、第二新卒は過去において3年以内で会社を退職しているわけだからそう思われるのも当然だろう。)

だから、新しい会社では3年以上働く意志があることをはっきりと伝える事はとても大切なことである。

Copyright © 2008-2013 第二新卒・第2新卒の転職・就職ガイド All Rights Reserved.