第二新卒の転職は簡単ではない!

第二新卒の正しい知識

第二新卒としての転職活動を行う前に、「第二新卒」という立場や転職市場について基本的なことを知っておくべきである。第二新卒者は企業の立場から見たとき、新卒でもなければ、一般の中途採用者とも違う位置づけとして考えられている。第二新卒は第二新卒としての立場で転職活動をする必要がある。

第二新卒の定義

第二新卒の正しい定義は「学校の種類を問わず、学校を卒業してはじめて就職した人で、就職後1年から3年未満で退職して転職しようとしている人たち」だといわれています。しかし、この定義を誤解している人もたくさんいるのも事実。第二新卒の定義を正確に把握した上で転職活動をするようにしよう。

第二新卒は不利か?

一般的に「3年未満で会社を辞めてしまった第二新卒は転職では不利だ」といわれている。しかし、第二新卒が不利だといわれている本当の理由と、解決策・対応策を知っていればそれほど苦労することなく転職活動は成功するであろう。

第二新卒を採用する理由

企業が第二新卒の採用枠を増やしているのには理由がある。「景気の回復」「団塊世代の退職」「人材の補填」など企業が第二新卒を採用したいと考える本当の理由を知り、そこにアプローチできれば採用される可能性は飛躍的にアップする。

3年以内に辞める理由

どうして入社3年未満で会社を辞めてしまう人が増えているのか考えたことはあるだろうか?他人の退職理由を知ることで、企業が第二新卒に対して抱いているネガティブな印象を持っている理由を知り、転職活動ではそれらのネガティブな印象を払拭させる努力をする必要がある。

今の会社は本当にダメなのか?

転職を決める前に、もう一度、今勤務している会社で働き続けることは本当にダメなのかを真剣に考えてみよう。安易な気持ちで第二新卒を選ぶと後々になって後悔する可能性もある。転職するということはあなたの人生に大きな影響を与える可能性があるということを冷静に考えてみよう。

退職者の影に潜むワーキングプア

最近よく耳にする「ワーキングプア」という言葉。「自分はワーキングプアになる前に仕事先が見つかる」と思っていないだろうか?会社を辞める前にワーキングプアとは何なのか?自分もワーキングプアになる可能性があるということも知っておくべきだ。

異業種への挑戦について

第二新卒ではこれまでとまったく違う業界へ転職するチャンスがある。もし第二新卒のタイミングで異業種に挑戦しようと考えている人は参考にしてほしい。第二新卒という立場を利用することで、もしかしたら、あなたが本当にやりたいことを実現させることができるかもしれない。